インプラントのケア

インプラントの相談を

インプラント周囲炎について

定期健診や毎日のケアが不十分であった場合、歯垢や歯石が口の中に停滞することによって、歯周病の最近が顎の骨に感染することで、インプラント周囲炎を引き起こすことがあります。人工の歯は虫歯になることはありませんが、周囲炎を発症することで、再治療をすることになってしまう可能性があります。症状として、痛みや腫れ、出血や膿が出るなどの症状を引き起こし、最終的には抜けてしまうこともあるので、普段からのケアが大切です。

インプラント治療とは

インプラントとは、実は治療などの目的で身体の中に埋め込む医療機器や材料全般を指す言葉なのだそうです。具体的には心臓のペースメーカーや美容整形のためのシリコンなどがそれにあたります。何らかの事情で歯がなくなってしまった場合にあごの骨に埋め込む人工歯根は、正式にはデンタル(歯科)インプラントと呼ばれているそうです。世界的に歯の治療方法としての歴史は相当古いものですが、安定した治療が行えるようになったのはわりと最近のことだといいます。あごの骨に人工歯根を埋め込んで結合させてから義歯を取りつけるという治療法です。

↑PAGE TOP